Glosfer、ブロックチェーン基盤の「提案評価システム」でソウル市最優秀賞を受賞

区役所の業務革新と効率化を目指し、ブロックチェーンを導入した官民連携の取り組み

ソウル, 大韩民国, November 14, 2018 /EINPresswire.com/ — ブロックチェーン専門企業「Glosfer」(代表:キム・テウォン)は、ソウル市監査委員会主催の「2018不正腐敗の防止に向けた優良事例公募」において、ソウル・永登浦区役所に導入したブロックチェーン基盤の「提案評価システム」で最優秀賞を受賞する快挙を果たした。同公募は、ソウル市役所や附属機関、自治区の不正腐敗の防止および撲滅につながるような優良事例を発掘・発信し、望ましい組織文化を定着するために行われた。

永登浦区役所に構築されたブロックチェーン基盤の「提案評価システム」は、自治体が評価(提案評価委員会など)を実施する際に偽造や改ざんを防ぐとともに、参加企業や区民の疑念を払拭するため、入札手続の透明化を確保したうえで評価の結果を公表する仕組みだ。さらに、発注部署の行政手続も簡素化される。

Glosferは、蘆原区役所に地域仮想通貨システム「ノウォン」を構築したのに続き、永登浦区役所にブロックチェーン基盤の「提案評価システム」を取り入れるなど、地方政府向けのブロックチェーン基盤のソリューション構築で引き続き成功を収めている。

Glosferの関係者は、「ブロックチェーン基盤の『提案評価システム』は、ブロックチェーンをひとまず導入するのではなく、官民が連携して、自治体において最も業務革新が求められる分野を検討し、ブロックチェーンによる解決策を見出した有意義な取り組みといえる。今回の受賞を励みとし、これから他の機関や企業においても成功事例をつくれるよう、より一層精進していきたい」と話した。

一方で、Glosferは、独自技術で開発したブロックチェーン・プラットフォーム「ハイコン(HYCON)」の高度化を図り、技術競争力を高めている。また、ICT基盤のバイオヘルスケア事業や韓国インターネット振興院(KISA)の「2018海運・物流分野におけるモデル事業」、著作権流通プラットフォーム、金融サービスなど、実証事業の適用範囲をさらに広げている。

Glosfer
Glosfer Inc
+82 2-6478-7000
email us here


Source: EIN Presswire